悪いことしてないのに・・(泣)

2013年12月1日 at 1:56 PM
filed under

a0950_000038

私は妊娠後期に陰部の痒みが酷くなって我慢できないほどになりました。

 

市販のデリケート様軟膏を塗布しても全く改善されず(>_<)その時ふと頭をよぎったのが『性病』です。

 

性病については全くの無知でしたし妊娠中は主人と性交渉をしていなかったので(勿論他の人ともです!)

 

なぜこんな症状が起こるのか、どの様な処置をするのか、お腹の中の赤ちゃんに影響はないのか、もう不安だらけで頭が一杯になりました。

 

1人で悩んでいても仕方ないので、妊婦健診の時思い切って先生に相談しました。

 

するとあっさりと「カンジダ症ですね、膣内を洗浄してからお薬を入れますので、診察台に上がって下さい」と言われました。

 

カンジダ症?それって性病??また疑問が増えて先生に聞いてみると、またまたあっさり「違いますよ、カンジダ症はカビの一種です」との答えが。

 

カビ―!?私の陰部、カビちゃったの??清潔にしていたのに何故??

 

とりあえず性病ではなくて一安心ですが、カビって聞いてぞっとしてしまいました。

 

結構ドライな先生なので、一通りの処置をしてもらってから助産師さんに質問攻め開始です。

 

とても物腰の柔らかい助産師さん、私の話を聞いてから丁寧に答えてくれました。

 
カンジダは常在菌で、カビの一種なのだそう。妊娠中の女性に発症し易いとの事で、よくある症状なのだとか。

 

疲れが溜まって免疫力が落ちる、下半身を守る為にぶ厚い下着を着用して蒸れる、おりものが増える、この様にカンジダ菌の増殖に好都合な体内環境を作り出してしまい、その結果カンジダ症になってしまうのですね。

 

とりあえず性交渉は控えてと言われましたが、妊娠初期からナシなので大丈夫。

 

抗真菌薬の塗り薬も処方してもらったので、今は定期的に塗り薬を塗って対処しています。が、お腹が大きいので手が届きにくいのが難点です(^_^;)

no comments

RSS /

Comments are closed.